カテゴリ:おうちごはん( 51 )

2012年 12月 14日
残り物で輸血雑炊?
ビーツが余ったので。
残り物のご飯があったので。
・・・雑炊にしてみた。

鶏がらスープにお酒としょうゆ少々で味をつけ、
小さく切ったビーツ投入。

ついでにネギがあったので。
・・・散らしてみた。

ビーツは「飲む輸血」と言われるほど、鉄分豊富。

まさに「輸血雑炊」のできあがり~と言いたいところだけど、
それではあまりにもおいしくなさそう!
なのでフツーに「ビーツ雑炊」と呼んでやってくださいな。
超簡単!
d0173341_1537312.jpg


by Izumys | 2012-12-14 21:47 | おうちごはん
2012年 12月 05日
空き時間だからおいしくなる
夕食後の食器洗いの前に。

材料を適当に切って、根菜の煮物を仕込む。

出汁と調味料と食材を鍋に入れ、中火にかける。
それから洗い物にとりかかる。 

d0173341_6225851.jpg

グツグツと煮えている。

沸騰したら弱火に落として、加熱時間のタイマーをセットし
また洗い物を続ける。

孤独な作業の洗い物も、隣でお鍋がコトコトいってたら
なんだか一緒に働く相方がいるようで、寂しさも薄らぐ。

洗い物が終わる頃、煮あがり。
d0173341_630064.jpg


煮あがったものを野田琺瑯のホワイトシリーズに移し替え、
冷ます間に鍋を洗う。

冷めたら冷蔵庫で保存。
煮物は冷める間に味がしみ込むので、次の日に温めなおせば
とびきりおいしい煮物がいただける。

煮物は空き時間とのコラボがサイコー。

by Izumys | 2012-12-05 07:15 | おうちごはん
2012年 12月 04日
我が家のソウルドリンク。甘い系・ピリ辛系
ソウルフードならぬソウルドリンク。

その1.
先月、友人たちに飲んでもらって好評だったコレ。
d0173341_7315517.jpg


定番の人参ジュース。

人参:りんご=2:1(もっと甘くしたい場合は3:2) くらいの割合で、
低速(←ここ重要)ジューサーで絞り、
レモン汁を少し加える。

その2.
定番のスタミナスープ。
d0173341_7281028.jpg



先日はこれにうどんを入れて、スタミナうどん。

発熱はたいていこれに頼る我が家です。
コレ飲んでお布団に入って汗びっしょりかけば、
翌朝にはかなりスッキリしてる。

おかげで薬が減らないけれど
汗が出るので着替えはたくさん必要。

ただしこのスープはニンニクをたくさん使うので、周囲の方の理解が必要かも。

「臭いがなによ! ウィルスまき散らすよりマシでしょっ!?」 と開き直れるアナタ、
はい、初期症状が出始めてからでも大丈夫です。

「臭うでしょ~~~ごめんね~~~~」 と気にしてしまうアナタ、
初期症状が出てなくても
人に会う予定のない日を見計らって、予防的に飲んでことをオススメします。

by Izumys | 2012-12-04 06:15 | おうちごはん
2012年 11月 08日
自家製:梅ひじき
何度となく作っている、梅ひじき。

水で戻したひじきは、熱湯でさっとゆでてから調理。
こうすると臭みが抜ける。

このひと手間で、まーおいしくいただけるのです。

梅ひじきは、乾燥芽ひじきと、かつお昆布だし・お酒・みりん・お醤油、
そして梅干しとゴマがあればできます。

自分で作ると安心なだけでなく、
梅干しの量も、季節に応じて自由自在に仕上げられるのがいいですね。

混ぜご飯・おにぎりの具と、大活躍する我が家の味。

あっという間になくなってしまいました。

また作ろっ!

d0173341_15532764.jpg


by Izumys | 2012-11-08 15:59 | おうちごはん
2012年 10月 30日
ひさびさの手前味噌
先日、味噌を仕込んだ。


大豆を煮て
d0173341_352189.jpg



つぶした大豆と麹を合わせて
d0173341_353435.jpg



大豆のゆで汁をかけながら、しっかり混ぜ
d0173341_3532072.jpg



空気が入らないように気を付けながら容器に入れ、ラップで覆ってからふたをする。
d0173341_3541388.jpg



ひさびさにこういう作業をすると、
なんだかホッとする。

できあがりが楽しみだな。

あ、混ぜた味噌を入れる容器は、味噌専用にしておくのがオススメです。
他で使いまわしたりすると、しっかり洗ってもビミョーな菌が生きてたりして、
いざ味噌を醸成させる時に、カビの原因になることがあるので。

寒くなるのは嫌だけど、
寒さに向かう時期ならではの手仕事は、心を穏やかにしてくれます。

by Izumys | 2012-10-30 04:10 | おうちごはん
2012年 09月 11日
夏の疲れにいかが
ひと雨ごとに秋の訪れを感じるこの頃。

同時に、夏の疲れが出てくる頃でもある。


で、こんなので元気出してます。

d0173341_17474783.jpg


にんにく・しょうがたっぷりの豚味噌。

画像がちっともおいしくなさそうだなー・・・ しかし、ご飯にのせるととってもおいしいのですよ。

にんにく20gとしょうが30gをそれぞれみじん切りにして、油をひったフライパンで弱火にかけ
香りがしてきたら、豚ミンチ150gと、
混ぜておいた合わせ調味料(酒50cc みりん大さじ2 自然糖小さじ1 麦みそ大さじ2)を加えて
煮ながら菜箸(できれば4本)で豚ミンチをほぐし、しばらく煮て甘味がしっかりついてたら
しょうゆ小さじ1を回しかけて中火で煮詰める。
それだけ。
味噌の塩分で味が変わってくるので、塩気が足りなければもう少ししょうゆを足してみてください。
逆に、塩気がしっかりついてれば、しょうゆはなくてもOK。

にんにくとしょうがをみじん切りしてる時、「こんなにたくさん???」と思うかもしれないけれど
全部を一度に食べるわけではないので大丈夫ですー。

by Izumys | 2012-09-11 09:30 | おうちごはん
2012年 09月 10日
重陽の節句でしたので
昨日は重陽の節句。

なので夕飯のサイドメニューはコレ、
酢〆アジの菊花和え。

d0173341_17161094.jpg



刺身用にさばいたアジを酢で〆て、ポン酢とかぼすと木酢で味付けし、
酢水を沸騰させてさっとくぐらせた食用菊を和えただけ。

超クイックメニューです。

ところで、パックの食用菊ってけっこう大量に入ってますよね。
(少しでいいのに・・・って時もありますよね)

無駄にしないために、私はまとめて下処理しておきます。
下処理といっても・・・酢水を沸騰させてさっとくぐらせて、水気を切るだけなんだけど。

酢が入ってるから色が鮮やかなままだし、意外と日持ちもいい。
お味噌汁に入れたら、とっても華やかになりますよ~。

by Izumys | 2012-09-10 17:25 | おうちごはん
2012年 05月 06日
GWは残り物一掃
ゴールデンウィークもやっと終了。
お休みの日はランチ作りの仕事も加わるので、主婦は意外と休めないですね。
旅行にでも出かければいいのでしょうが、そんな予定もなく、
家と近所と天神をゴソゴソするだけで終わったIzumi家のゴールデンウィーク、ランチ作りは日課でした。

で、この際、冷蔵庫をきれいにしてしまおうと、ありあわせで作ることに。(買い物に行きたくなかったしね)

冷蔵庫に残ってた、ゆでタケノコ。
おいしいうちに早く食べきってしまいたい。そんなわけで、筍のトマトスパゲティ。

筍は、コレステロールが気になる方にもおすすめの、繊維が豊富な野菜。

冷蔵庫に残ってたパッサータ(トマトの裏ごしピューレ)をたっぷり使い、もちろんニンニクも。
あいにく白ワインがなかったので、かわりに日本酒と米酢で風味を出し、甘みが足りないのでトマトケチャップも使って、庭のイタリアンパセリをちらせばできあがり。
d0173341_19102683.jpg


次は、残り野菜のちゃんぽん。
具は、豚肉とテキトー野菜。
スープは、鶏がらスープとオイスターソース、酒、しょうゆ、ホワイトペッパーなどで味付け。

野菜が多く取れる一品もの料理って、ヘルシーだし洗い物も少なく済む。 
”主婦だって休みたい日のお助け料理”と名付けたいわ。
d0173341_1925680.jpg


かなり手抜きなゴールデンウィークランチ。。。
しかしおかげで、冷蔵庫、スッキリ!

by Izumys | 2012-05-06 19:20 | おうちごはん
2012年 04月 14日
筍の土佐煮バクバク
今月のレッスンでもご紹介する、筍の土佐煮。
普通の土佐煮ではおもしろくないなーと思って、
せっかくのお弁当シリーズに合うよう、常備菜にもなるバージョンの煮物にしました。
(見た目にはわからないけど)

d0173341_12513586.jpg


次男バクバク!
何度作っても、あっという間になくなるのです。

それにしても、今年のIzumi家は、例年にも増して筍をよく食べてるなー。
煮物はもちろん、ペペロンチーノ、素揚げ、グラタン・・・・。

買い物の時は 「なにしろ今しか食べられないからねー」 ・・・と
もっともらしいことを言ってますが、
「自然に手が出る」 というほうが正しいのです、ホントは。

そういえば、最近なんだか燃えてるIzumi。
チロシン(あの白い粒々)のおかげで、脳内のドーパミン出まくりなのかしら?!

by Izumys | 2012-04-14 13:48 | おうちごはん
2012年 04月 12日
肝臓をいたわる朝
d0173341_6544723.jpg
年末年始の次に飲み事が多いのが、春。
歓送迎会・お花見・・・ひと段落ついた頃でしょうか。

ちょっと肝臓をいたわりたい時は、シジミ汁が王道ですね。
出汁昆布をちょっと入れると、風味が増していい感じ。

出汁昆布は70℃くらいが良く出汁が出るので、弱火からじっくり煮出しました。
シジミの口が開いたら、一気に強火にしてアクを取り除き、
火を止めて、すり鉢でのばした味噌を溶き入れる。

こんななんでもない日常に、ホッとします。

出汁昆布は、柳橋連合市場の雪吉(ゆきよし)さんで買うことが多いです。
Izumi的オススメは、100g840円の羅臼昆布。
羅臼昆布は高級品のイメージが強いのですが、
100g840円はスーパーに比べてもお安いほうだと思います。
しかも天然のもの!

安さの秘密は、ところどころに穴があいてたりする、いわゆるB品だからだそうです。
でも、味はまったく変わりない!
だったら、迷わずこちらを選ぶIzumiでございますー。

by Izumys | 2012-04-12 12:22 | おうちごはん