カテゴリ:こんなできごと( 56 )

2010年 11月 02日
お直しの達人
そろそろ学校で制服の移行期間になるというある日、
冬用の制服を取り出してはいてみた次男。


      「ん?  ・・・・・んんんん?」         ・・・・・ぎゃーーーー入らない!!


去年までキツイながらも入っていたウエストが、
とうとう入らなくなってた!

どんなに大きく息を吸い込んで、お腹を引っ込めても
どんなに顔を真っ赤にして、お腹を引っ込めても


       チャックが止まらない!!


うっそーーー!! 

身長が高い(185cm)からあんまり目立たなかったとはいえ、
それしにしても気づくのが遅い母。。。


慌てて、お直しの達人 ★ciaoちゃん にヘルプコール。 
すぐにOKくれて、その日のうちに持っていった。

採寸したら、次男が「ゆっくりできる」というサイズにするためには
ナント15cmも出さなきゃならなかった。
さらに、共布もない、タックは残す、という悪条件。

こんなお直し、フツーは断られます。

なのに、
2日後には、完璧な仕上がりに!! 

いったいどこをどうやって出したのか、、、、素人には見当もつかないけど、
おかげで学校の衣替えには間に合ったー。

しかも、丁寧な仕事をしてくれたおかげで、何度洗濯してもビクともしない丈夫さ。
す、す、すごい・・・・。

こんなすんごい技術を持ってて、料金はとってもリーズナブル。
あぁ、ありがたい。 まさにお直しの駆け込み寺ですー。 オススメです。

by Izumys | 2010-11-02 10:25 | こんなできごと
2010年 10月 19日
とうとうコレとサヨナラ
昨年の秋頃から、捨て&処分生活を続けていたIzumi家。

だいたい、5年前引っ越してきた時の荷物のまま生活してたのがいけなかった。
引っ越し前はバタバタで、荷物の間引きするでもなく、そのまま運んできて
引っ越し後もバタバタで、要るか要らないかなんて考えることもなく、そのまま収納しっぱなし。
その後も、荷物は増え続ける。
おかげで押し入れやクローゼットは、まるで朝の通勤電車のようにギューギュー詰め。

ある日突然目覚め、要るもの・要らないものを分け始めたら、これがなんと気分スッキリ!になるということに気づいて、それ以来、捨てにハマッておりました。
あとで、これは断捨離というのだとメンバーのMちゃんが教えてくれたけど。なるほどねー。


粗大ゴミの収集に来てもらうこと5回、自分でゴミ処理場まで大量の収納用品を持っていくこと1回、その他のゴミ袋は数えきれず。


これだけのものを処分し続けているのに、不思議なことに

ぜーーーーんぜん生活に困らない!

私はこれまでどれだけの不用品と生活してたんだろう??


そして、ついに食器棚。

新品のものやメンバーのかたが気に入ったものは受け取っていただいて、
残りはいろんな収納にさばき分け、
あの(わかる人にはわかる)大きな食器棚は、リサイクルショップに引き取っていただいた。

20年近く、我が家の食生活を支えてくれた食器棚。
2度の地震(大阪在住時の阪神大震災・福岡に来てからの西方沖地震)に耐えてくれた食器棚。
ありがとうと言葉をかけ、お別れ。
長い間、ホントありがとうね。


しかし、、、

あぁごめんなさい。 薄情者だと思われそうですが・・・・



                  スッキリした!!

d0173341_10413067.jpg



そろそろやってくる床暖房の季節が、楽しみ。

by Izumys | 2010-10-19 11:09 | こんなできごと
2010年 09月 14日
書斎コーナーリニューアル
d0173341_12585193.jpg


長男が使っていた部屋。
ベッドもなにもなくなり、がら~~んとした空間をそのままほうっておいたのだけど。

夏休みに彼が帰省した時、納戸から長机を引っ張り出してパソコン机がわりに使っていたのを見て、
彼がいなくなった隙にちょっと自分の部屋っぽくしてみた。

これが、なんと快適!

長机だと、パソコンの横で資料を広げても作業の邪魔にならないし、
さらに後ろ側には作りつけの本棚があるので、振り向けば必要な資料をサッと取り出せる。

わぁ~、これからは、資料を探してあっちに走りこっちに走り(家の中だけど)・かき集めた資料が机からはみ出て床にちらばる・・・・なんてことがないのね~!

これも、長男が独り暮らしを始めたおかげ。
なんだか 亭主元気で留守がいい という昔のCMを思い出した。
息子も元気で留守がいい??

by Izumys | 2010-09-14 13:39 | こんなできごと
2010年 08月 13日
お墓参りで
お盆です。
小倉までお墓参りに。

息子達を連れていくと、彼らの名前を呼ぶ父の声が聞こえてくる。


すると、
だめだ、やっぱりまだ涙が出る。


なので、ちょっとこの話題はおいといて。




お墓の近くのうどん屋さん。(味はイマイチだったので名前は伏せます)
外にも席が用意されている。
ふと見ると・・・

d0173341_14301160.jpg水用ポットに「外出禁止」のシールが。

ちょっとー、ポットは自分で外出はしないと思うんですけど。

「持ち出し禁止」と書きたかったんだろうな。あぁ愛すべき北九州。

by Izumys | 2010-08-13 17:19 | こんなできごと
2010年 08月 05日
悪戦苦闘の2時間半
大阪から帰った翌日、今度はこちらのたまった家事をマッハで片づけていたところ。


「最近、取っ手の部分が弱々しくなったなー・・・そろそろヤバイかなー・・・」と思いながらも、
なんとか騙し騙し使っていた、キッチンの普段使い用分別ごみ箱が、
とうとう壊れてしまった!



d0173341_20225828.jpg


ひえ~~、情けない姿。

ちょ、ちょ、ちょっと、、、、。
レッスン用のごみ箱は別にあるとはいえ、これじゃぁあんまり。 うぅぅぅぅっっっっっ。

すでに夕方近かったけど、”お値段以上”のCMで有名なあのお店に、車をすっ飛ばして駆け込み
ちょうどよいサイズのものをGET!(最後の一個の在庫だったー、冷や汗が出た)

で、帰宅後早速、次男とふたりで組み立てに突入しました。

しかし・・・私は、家族の誰もが知る組み立て下手。 プラモデルさえ嫌いな人間。
できるのか??? 本当に完成するのか???

不安いっぱいだけど、なんとかするしかない。

普段はほとんど読まない説明書を食い入るように読みながら、
慎重に、慎重に、
ひとつ組み立てるたびに次男と 「よし!!」 と気合いを入れ合いながら、



2時間半後・・・・・・・





できたーーーーーーーー!!!!!!!!!!




d0173341_20231485.jpg




ふつうの人にはなんてことない作業なのかもしれないけど、
家電の説明書さえ 「”習うより慣れろ”よ!」 と、ほとんど無視してる私にとって、この2時間半は

やればできるじゃなぁぁぁーーーい!と叫びたい時間だった。

いつもけっこうやらかしてくれる次男が、この2時間半はすがりたくなるほど頼りになる存在だった。
後で聞くと、ちょうど作業中に彼の好きなTV番組(毎週欠かさず見てる)があったらしい。
しかしそれを言わず、作業が終わった時に初めて 「あ~終わっちゃった。 でもまぁいいか!」 と言う彼にも

やればできるじゃなぁぁぁーーーい! と叫びたい時間だった。


いままで使っていた初代ごみ箱に「ありがとう」と声をかけ、二代目ごみ箱と入れ替えです。

ところで、この分別ごみ箱、なんと8000円を切るお値段ですのよ。
でも使い心地はバッチリ。 さすが”お値段以上、ニ●リ”!

by Izumys | 2010-08-05 21:52 | こんなできごと
2010年 08月 04日
大阪でド主婦
先週末から今週明けにかけて、次男と一緒に大阪の長男のマンションに滞在してました。

行く前は、「どこに行こうか~~友達にも連絡しようかな」なんて考えていたんだけど、
到着して、部屋を見た途端、その思いは玉砕。


         甘かった!!!


最初に口を突いた言葉は 「さぁ、お掃除よっ!!」


短パンとタンクトップに着替え、片っ端から雑巾がけ。

お風呂は排水溝に髪の毛が積もっている。(たまっている、どころではない、積もっている)
実は行く前に 「最近、風呂の排水が悪くって・・・」と電話があったので、
「パイプマン使ってみたら?」と軽く言っておいたのだけど。
あまりのひどさに 「ねぇ、いつごろ排水溝掃除した?」と聞いてみたら、

            「えっ? 排水溝って掃除すると?」 



ちょっとーーー! パイプマン以前の問題ですからーーー!!



    「なんだか布団カバーがベタベタするなー、これいつ頃洗った?」

    「いや・・・・こっち来てから(春から)洗ってない・・・・」



はいーーーーー??!!


まだまだ仰天語録は山ほど。
いちおう長男のイメージはしっかり者だったので、「ちゃんとやってるよ」という言葉を信じた自分が、
浅はかだった。
主婦vsひとり暮らし1年生男子では、「ちゃんと」のレベルが、湖と水溜りほど違うんだわ。

朝昼晩は 「かーさんが来てくれたけん、今日はウマいものが食える~!」というおだてにのせられ、
せっせとご飯づくり。
一口コンロなので同時調理ができず、作っては出し、作っては出しの繰り返し。まるでまかない。

振り返れば、家事をほとんど知らずに(させずに)、いきなり見知らぬ大海に放り出した感もある長男のひとり暮らし。
こうなったらトコトン!と、部屋中のものを洗い、床のラグも干し。 
冷蔵庫で腐ってる野菜を片っ端から捨て。
たまりにたまったTシャツにアイロンをかけ、クローゼットの収納をやり直し。

「ホント、来てよかったーーーー。 というか、もっと早く来るべきだったわーーー!!」というと
「オレも! マジ、来てもらってよかったぁ~~~」 ときた。
とっとと追い出したつもりだったけど、まだまだ現場に赴いてのフォローは必要なんだなぁ。

私達が帰る日に彼はサークルの合宿に出発するため、その準備にも追われ、
クルクル動きまくった大阪days。
徒歩3分のショッピングセンターがどれほどありがたかったか。 
この立地を選んだことだけはホメてやりたかった・・・(自分を)

唯一の観光は・・・

by Izumys | 2010-08-04 18:21 | こんなできごと
2010年 07月 24日
トコさん講演会
午前中、タイ料理のチャンテイマ先生と、8月7日の打ち合わせしてきました。
ふたりともやる気マンマンで、かなりお得なレッスンになりそうですよ! 詳細は、明日。

午後は、多方面でご活躍中のコラムニスト トコさん の講演会。
以前番組でご一緒したのを覚えててくださってて、トコラーIzumiは感激でした。

「本業は物書き」でらっしゃいますが、お話がとても楽しくて。
「わたし主義でいく!~自分らしく生きるために~」という講演題目でしたが、
固くもなくあっという間の90分。
おかげで気分はスッキリ! また勇気をいただきました。

なんというかなー・・・トコさんって、
プロとしての自分への厳しさと 母親のような周りへの愛情と 少女のような好奇心と 切れ味のいい知性 
を併せ持った素敵なかたなんです。
間違いなく、周囲をしあわせにしていると思います。


KBC アサデス。の水曜コメンテーター
FBS めんたいワイド 水曜・金曜コメンテーター としてもご活躍中です。

by Izumys | 2010-07-24 22:08 | こんなできごと
2010年 07月 24日
アームストロング・コンプレックス
★劇団ショーマンシップ 主催のお芝居、アームストロング・コンプレックス を観てきました。

幕末から明治にかけての浮世絵師のお話でしたが、
二つの時代のお話が最後に見事に重なり合って、また、お芝居も素晴らしくて感動でした。

ストーリーの中で、時代の担い手によって受け継がれていくものがある 
と実感できたのは、幸せでした。
人は生きていることで、何かを受け継ぎ そして何かを遺していくことができるんだなぁ。
人生は刹那ではなく、ずーーーっと続いていく何がしかの過程なんだなと
二つの時代を交互に見ることによって気づきました。
そう思うと、自分が生きてる意義を探したくなったりして。

また、いつもながら若い方々の情熱に、感動。 
カーテンコールの時の、彼らの晴れ晴れとした顔を観ると、おトシのせいか涙腺がゆるむ。
ほんっっっっとに一生懸命がんばった人でないと、あの晴れやかな表情は出ないと思う。
あぁ劇団のまかないのオバチャンになりたいかも(笑) 感動をありがとう!いい夜でした。
ご一緒してくれたCiaoちゃんもありがとう!

公演は7月29日(木)までです。 詳細は ★こちら でどうぞ。

by Izumys | 2010-07-24 21:58 | こんなできごと
2010年 07月 09日
庭のトマト
d0173341_1304229.jpg


色づき始めたトマト。
可愛くって、じーーーっと眺めてしまう。
こうやって、いつも食べる機会を逸してしまうんだなぁ。

今年は、父に供えてからいただくことにしよう。

もうひとつの・・・・

by Izumys | 2010-07-09 13:17 | こんなできごと
2010年 07月 05日
20歳のバースデーに亀(ススム)
昨日は、アメリカの独立記念日 および 長男の誕生日。
先週 「20歳の記念日がせっかく週末にかかるけん、帰るわ!」と連絡があり、
前日の夜遅くに、大阪から帰省。

当日。
まずは、おじいちゃんのお墓に「20歳になりました」の報告に行きました。
その後、高校時代にお世話になった楽器屋さんに行き。

夕食は、
「焼き肉食いたい!」 のリクエストに応えて、焼き肉ならイチオシの「健康焼き肉 亀(ススム)」へ。


息子達は。

食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・食べる・・・・・・・・

写真を撮る暇もなく、せっせと焼く私。 
焼いても焼いても、まるでバキュームのような息子達の口に吸い込まれていく~~~。

けど、ありがたいなぁ。
焼き肉焼いてるだけで、いや、焼けることがありがたい。
無事に誕生日を祝えることが。
こうして、仲良く楽しくおいしいご飯を食べられることが。

少しお腹が落ち着いた彼ら、
今度は私のデジカメ画像(家族のもの)を見て、茶化しあいながらゲラゲラ笑いまくる。
お互いを突っ込みながら、笑い転げるふたりを見てると、
お店のくつろげる雰囲気も手伝って、
言葉にならない幸福感が満ちてくる。  しみじみと、まるで染みいるように満ちてくる。。。


・・・・この後、息子達ふたりでゲームを買いに行き、またまた盛り上がっておりました(爆)


こんな、幸福感でいっぱいになれる、「健康焼き肉 亀(ススム)」は。

d0173341_1430527.jpg

お店の真ん中に、ドーーーーーーン!と野菜のお品書き! 
お肉はもちろんのこと、野菜もホントにおいしくて、ここなら私も喜んで付き合えるのです。
お客さんからも「奥さん、カブある~~? レンコンは~~?」と、 
「いったいココはドコ?」と言いたくなる注文の声が飛んでいました。

d0173341_14302840.jpg

奥様のご実家で作られているという干物。 新鮮なうちに作られたのが伝わってきます。
思わずお持ち帰りまでしてしまった。

d0173341_14304977.jpg

大将と奥さん。
「バースデーに牛タンの増量プレゼント、まっことにありがとうございましたっ!」(by 長男)

このお店から歩いて帰れる距離に住んでて、よかった~~。
おかげさまで、しあわせな、いい記念日でした。

by Izumys | 2010-07-05 21:26 | こんなできごと