2011年 09月 17日
檜山塾でした
わが師匠、檜山タミ先生のお稽古を受けてまいりました。
月に一度の精進の日。

先生のキッチンには、最高の調理道具:銅鍋 が、ズラ~~~ッと並んでます。
「銅鍋を使って料理を作ると、本当に味が違う。 本当においしくなる。」
銅鍋使ったことがあるかたなら、誰もが持つ感想です。
d0173341_6242514.jpg


中には、先生が 「これは昭和4年のものなのよ」 とおっしゃる、分厚い銅のソテーパンも!
し、し、昭和4年・・・・・。 この鍋は、戦争を知ってる鍋ですかー。

銅鍋は確かに高いです。
でも、先生曰く 「セーター買うのを1枚がまんすればいいだけだと思うのよね」 と。

そうですね。 
洋服は自分しか着ないし、一生ものではないことのほうが多い。
でも銅鍋は、自分だけじゃなく家族にもおいしいもの食べさせてあげられるし、
一生ものだから、価格を使用年月で割って考えると、何度も買い替えるお鍋使うよりかえってお安いんですよね。

先生の教室は、料理ももちろんですが、料理に対する心を学ぶ場でもあります。
御歳86歳、たくさんのことを学ばせてくださる、本当に素敵な先生です。

また銅鍋が欲しい。

by Izumys | 2011-09-17 06:42 | 学び


<< 10/5(水)は「おかえしごはん」      始まってます! >>