2011年 05月 30日
梅雨時に「食品を冷蔵庫で腐らせない日本人」
d0173341_7544698.jpgこの本、おもしろいです。

魚柄先生の本は語り口調そのままで書かれていてとても読みやすい、ということもあるけれど。

”食中毒の予防”とか”安全に食材をいただく”ということは、それほど大げさなことではなくて、すごくシンプルなことなんだなーと気づかせてくれる本。
安心な食卓が身近に感じられます。
保存食の作り方など簡単レシピも載っていて、実用的&かなりオトク。

ちなみに魚柄先生宅の1ヶ月の食費は、二人暮らしで7000円なんだとか!
(はぁぁぁぁ~~~、ウチならお米だけで終わっちゃうな)








まーっっったく関係ないけど、魚柄先生は北九州のご出身で
ご自分のことを「おいさん」と呼ぶのが、Izumi的に郷愁をそそられる。
うちの祖母や母も、近所のおじさんのことを 「○○の(名字)おいさん」と呼んでたなぁ。

ホントにどうでもよくてスミマセン。

by Izumys | 2011-05-30 07:54 | こんなの発見


<< 6月のメニューと空席のお知らせ      このナス、ど、どうやって食べれ... >>