2011年 04月 05日
ウドの皮で春の味
ヤメラレナイ、この味。

ウドを調理するとき、むいた皮も一緒に、アク抜きのため酢水に漬けておく。
皮がたまってくると、”あの味”が舌の中で蘇ってきて、皮のアクが抜けるのが待ち遠しくなる。


そして作るのが、これ。
ウドの皮のキンピラ。
d0173341_9515963.jpg


アク抜きした皮を繊維に沿って細く切って、ゴマ油少しで炒め、
酒:赤酒(またはみりん):しょうゆ = 2:3:0.5~(最初は少なめ、味をみて) 
くらいの割合で味付けして
煮詰まってきたら、仕上げに黒酢を少し回しかけて。


あーーータマリマセン。
たくさん作っても、ほとんどひとりで食べてしまう。

この苦みに癒されるようになると、本格的な春の到来を感じるのです。

by Izumys | 2011-04-05 10:43 | おうちごはん


<< たか松でデート      保存版の冊子 >>