2010年 12月 09日
”あるもの鍋” 今日はキャベツ
今朝、雨があがってやっと洗濯物が干せそうなので、
ひさびさ(といっても3日ぶり)にベランダに出ると、


          さ、さ、寒いっっっ!! 風がピューピュー吹きつけるっっっ!!

あまりの風の冷たさにヒエ~~~ッ!と震え、
まるで録画の早送りのような異常な早さで洗濯物を干し、
干し終わるや否や、逃げ込むように部屋に入る。

あ~~、これからもっともっと寒くなっていくんだわ。
しっかり体を温めておかねば。

で、今日の夕飯は鍋。
・・・といってもわざわざ買い物に出かけず、得意の”あるもの鍋”(要は残り物一掃鍋)。

冷蔵庫の野菜室を見ながら、「ネギはあるなー、白菜はないなー、あっでもキャベツがたくさんあるなー、人参はたっぷりあるなー、ブロッコリーもあるなー、椎茸はないから乾燥キクラゲ戻しとこー」
と決まっていく。

鶏の手羽元(骨からもいいお出汁がでるので、肉は骨付きを使う)を自然解凍するべく、冷凍室から出す。
チョコチョコ他の仕事をしながら、
鶏肉が半解凍くらいになったところで熱湯をかけ、臭みを抜いておく。

あとは、土鍋にスープと一緒に昆布を刻んで(あとで一緒に食べるから)入れ、酒・みりん・薄口醤油を加え、
鶏肉や野菜の固いものから入れていって、コトコト煮るだけ。

最後に生姜の搾り汁を入れ、温め効果をUP。

キャベツはじっくり煮ると甘みが出ておいしくなる。 疲れた胃にも優しい食材。 たーーっぷり使う。
ブロッコリーだけは、色が悪くなるので仕上げに入れる。

・・・・この、煮ている時間がたまらなく好きで。
土鍋からジューッと噴き出す蒸気見てると、言いようのない幸福感が満ちてくる。


そんなわけで、今日の「あるもの鍋」のメインは、キャベツと鶏手羽元。
最後は〆に雑炊を・・・と思っていたら。


ちょっと洗い物に立った間に
息子、出汁までも一滴残らず取り皿に移し、ゴクゴク飲み干してた!


      えっ?!


ギュッと詰まった栄養は、すべて彼の胃袋に収まってた・・・  雑炊、楽しみにしてたのにー。

by Izumys | 2010-12-09 22:26 | おうちごはん


<< 12月のメニュー      宇宙の法則と食がつながってる? >>