2010年 08月 05日
悪戦苦闘の2時間半
大阪から帰った翌日、今度はこちらのたまった家事をマッハで片づけていたところ。


「最近、取っ手の部分が弱々しくなったなー・・・そろそろヤバイかなー・・・」と思いながらも、
なんとか騙し騙し使っていた、キッチンの普段使い用分別ごみ箱が、
とうとう壊れてしまった!



d0173341_20225828.jpg


ひえ~~、情けない姿。

ちょ、ちょ、ちょっと、、、、。
レッスン用のごみ箱は別にあるとはいえ、これじゃぁあんまり。 うぅぅぅぅっっっっっ。

すでに夕方近かったけど、”お値段以上”のCMで有名なあのお店に、車をすっ飛ばして駆け込み
ちょうどよいサイズのものをGET!(最後の一個の在庫だったー、冷や汗が出た)

で、帰宅後早速、次男とふたりで組み立てに突入しました。

しかし・・・私は、家族の誰もが知る組み立て下手。 プラモデルさえ嫌いな人間。
できるのか??? 本当に完成するのか???

不安いっぱいだけど、なんとかするしかない。

普段はほとんど読まない説明書を食い入るように読みながら、
慎重に、慎重に、
ひとつ組み立てるたびに次男と 「よし!!」 と気合いを入れ合いながら、



2時間半後・・・・・・・





できたーーーーーーーー!!!!!!!!!!




d0173341_20231485.jpg




ふつうの人にはなんてことない作業なのかもしれないけど、
家電の説明書さえ 「”習うより慣れろ”よ!」 と、ほとんど無視してる私にとって、この2時間半は

やればできるじゃなぁぁぁーーーい!と叫びたい時間だった。

いつもけっこうやらかしてくれる次男が、この2時間半はすがりたくなるほど頼りになる存在だった。
後で聞くと、ちょうど作業中に彼の好きなTV番組(毎週欠かさず見てる)があったらしい。
しかしそれを言わず、作業が終わった時に初めて 「あ~終わっちゃった。 でもまぁいいか!」 と言う彼にも

やればできるじゃなぁぁぁーーーい! と叫びたい時間だった。


いままで使っていた初代ごみ箱に「ありがとう」と声をかけ、二代目ごみ箱と入れ替えです。

ところで、この分別ごみ箱、なんと8000円を切るお値段ですのよ。
でも使い心地はバッチリ。 さすが”お値段以上、ニ●リ”!

by Izumys | 2010-08-05 21:52 | こんなできごと


<< 暑いけど食べてます      大阪でド主婦 >>