2010年 07月 24日
アームストロング・コンプレックス
★劇団ショーマンシップ 主催のお芝居、アームストロング・コンプレックス を観てきました。

幕末から明治にかけての浮世絵師のお話でしたが、
二つの時代のお話が最後に見事に重なり合って、また、お芝居も素晴らしくて感動でした。

ストーリーの中で、時代の担い手によって受け継がれていくものがある 
と実感できたのは、幸せでした。
人は生きていることで、何かを受け継ぎ そして何かを遺していくことができるんだなぁ。
人生は刹那ではなく、ずーーーっと続いていく何がしかの過程なんだなと
二つの時代を交互に見ることによって気づきました。
そう思うと、自分が生きてる意義を探したくなったりして。

また、いつもながら若い方々の情熱に、感動。 
カーテンコールの時の、彼らの晴れ晴れとした顔を観ると、おトシのせいか涙腺がゆるむ。
ほんっっっっとに一生懸命がんばった人でないと、あの晴れやかな表情は出ないと思う。
あぁ劇団のまかないのオバチャンになりたいかも(笑) 感動をありがとう!いい夜でした。
ご一緒してくれたCiaoちゃんもありがとう!

公演は7月29日(木)までです。 詳細は ★こちら でどうぞ。

by Izumys | 2010-07-24 21:58 | こんなできごと


<< トコさん講演会      今月もありがとう >>